ヘルペス性結膜炎とは:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

ヘルペス性結膜炎とは

ヘルペス性結膜炎とは、単純ヘルペスウイルスによる結膜炎で、お子さんが初めてヘルペスウイルスに感染したときにみられることが多い病気です。


症状からは、アデノウイルスによる結膜炎と区別できないですが、両目が侵されることは少ないです。


また、水痘帯状ヘルペスウイルスによる帯状疱疹が顔面に生じた場合にも角膜炎を起こすことがありますので、異変を感じたら、速やかに眼科医の診察を受けるようにしましょう。


症状として、時に目の周りの皮膚に小さな水疱がみられることもあり、この場合はヘルペスに対する軟膏薬によって治療する必要があります。


治療方法としては、抗ウイルス剤のアシクロビル眼軟膏が効果的と言われています。しかし、ヘルペスウイルスは感染後、神経細胞の中に潜んでしまう為、完全に良くすることはできません。


再発を防止するためには、ストレスや体の免疫力低下をしないようにすることになります。サプリメントでヘルペスの働きを抑制してくれる物などもありますので、一つの対策方法として考えられるものいいかもしれないです。