単純ヘルペスについて:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

単純ヘルペスについて

ヘルペスの症状は、単純ヘルペスウイルスに感染することによって発症することを言います。

初めて単純ヘルペスに感染すると、体内には免疫がない為に発疹や水ぶくれなどの皮膚症状があらわれたり、高熱なども伴う事があります。しかし、場合によっては症状が気付かない程度であったり、無症候の場合も少なくありません。

発症から治癒まで
1週間位かけて、感染部が赤く腫上がり、次いで水ぶくれが現れます。その後3週間前後かけて治癒へと進んでいきます。しかし、この間にリンパ節などが腫れ発熱やだるさ、頭痛を伴いことがあります。

一度治癒したヘルペスの症状でも、ストレスや風邪などが原因で、免疫力が低下するとヘルペスの症状が再発することもあります。現状の医学では、単純ヘルペスウイルスを体内からなくすことはできません。その為、何度ども再発する可能性を秘めてます。

ヘルペス再発要因

  • 風邪などによる発熱
  • 紫外線の影響
  • 性交渉
  • 歯科治療
  • 過労やストレス

このようなことが刺激となり免疫力の低下を下げて、ヘルペスの発症が起こることがあります。

ヘルペスの症状の原因となる単純ヘルペスが、感染から発症までの期間がどのくらいあるのかは分かっていません。ただ言えるのは免疫力が落ちた時に発症しやすいことです。

単純ヘルペスウイルスは、皮膚の傷口などから感染します。この感染先が指先ですと「ヘルペスひょう疽」といわれ、赤く腫れる症状がでます。