単純ヘルペスウイルスの感染:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

単純ヘルペスウイルスの感染

単純ヘルペスウイルスに感染すると、咽頭炎、顔面炎、性器感染、眼球感染、脳炎、新生児ヘルペス感染などがあります

咽頭炎・顔面炎

無症候性の初感染が多いなかで、咽頭炎、歯肉口内炎が初感染の症状としてもっともみられる症状です。潜伏期間は平均4日間位ですが、場合によっては10日間と長い場合もあります。ひどい場合は、38度以上の高熱がみられます。

これらの症状も2週間位で回復していきます。その回復期間に結膜炎や消化器症状を伴うことがあります。

眼球感染症

ヘルペス角膜炎の初期症状は、単眼あるいは両眼の結膜炎です。特徴は、樹枝状の潰瘍ができることで、回復まで3週間ほどかかります。ただし、潰瘍が大きければ回復までの時間は長くなります。

角膜上皮再感染と慢性角膜炎が繰り返されますと、眼球への炎症がおこり板状角膜炎をおこします。最終的には、失明に至ることがある。

ヘルペス脳炎

ウイルス脳炎の中で、ヘルペスウイルスによるものが60%を占めています。発症は突然あるいは気付かずおこります。

発症して、5~7日頃に脳波に以上が現れ低密度障害がみられることになります。重度炎症になると、出血性や壊死性変化からなる急性炎症像などもみられます。

新生児ヘルペス

新生児ヘルペスは、胎内感染と新生児感染に別けられます。胎内感染は先天性ヘルペスといわれてますが、このヘルペスにかかることは滅多にありません。