ヘルペスを知る(ヘルペスの基礎知識)

メイン

ヘルペスを知る

単純ヘルペスと帯状疱疹

単純ヘルペスと帯状疱疹の違い

単純ヘルペス
単純ヘルペスは、唇やその周囲、性器やおしりなどに小さい水ぶくれが数個集まってできるのが特徴です。
しかし、単純ヘルペスも体質や体調などの個人差によっていろいろなパターンがあり、例えばアトピー性皮膚炎の方は症状も重く治りにくかったりと様々です。

また、発疹が出たからといって単純ヘルペスと断定しにくく、梅毒や水いぼ、ベーチェット病なども考えられるため、専門医の診察が必要になります。

単純ヘルペスは、感染力が強いのでキスだけでも感染します。また、単純ヘルペスを発症している方が利用した便座などを使用することでも感染してしまう恐れもあります。

しかし、この場合便座にあたる部分に怪我などの傷口がなければ感染することはありませんが、手に付くことによって、別のルートから感染することも考えられます。
帯状疱疹
帯状疱疹は、顔面や腹部などの左右どちらか片方に帯のような水疱ができます。水疱ができる前からかなりの痛みを感じる為、すぐに帯状疱疹と判断できます。

この2つのヘルペスウイルスの症状が発症する原因となるのが、免疫力の低下です。免疫力低下がストレスや疲れであれば特に問題はありません。しかし、これが内臓系の病気を患っている場合は、ヘルペス以外の病気も考えられます。

そのため安易な自己判断はせずに、医療機関での受診をおすすめします。

※健康な肌であれば感染はしません。しかし、皮膚のバリア機能が働かない傷口や口内炎などからウイルスが侵入した場合、感染する可能性はあります。

ヘルペスと一生

ヘルペスはなくならない


ヘルペスウイルスは、一度感染してしまうと一生つきあって行かなければなりません。このヘルペスウイルスは細胞の中に入り込んでしまうため、有効な薬が少なく、本来の体の免疫力も十分に発揮できないのです。


また、このヘルペスウイルスの最大の特徴は、一度感染すると神経節の遺伝子の中にもぐりこみ一生そこから動かないというものです。


最初に感染した場合などは、体の免疫が出来ていない為に高熱などがでることがありますが、一度免疫ができるとそう簡単には発病はしません。しかし、疲労や老化などで体の抵抗力が落ちてしまうと、発症の危険性が高まります。


また、ストレスによっても免疫低下を誘発することが考えられ、これにより単純ヘルペスウイルスが活発化することもあります。


口唇ヘルペスと帯状疱疹はまったく別のウイルスによって起こります。帯状疱疹の場合では、一生に多くても2度程度と言われてますが、単純ヘルペスの場合(特に単純ヘルペス2型)は何度も頻繁に再発が繰り返されます。


ヘルペスは人に感染しやすく、また一度感染してしまったら一生つきあっていかなければならない事を十分理解しておくことが必要となります。ちなみに昔はほとんどの方が単純ヘルペスウイルス1型に感染していました。


単純ヘルペスウイルス1型は、一度発症してから次の再発までの期間が長く、発症するとかなりつらい痛みが見られるのが特徴となりますが、体の抵抗力を落とさないようにコントロールすることで、発症を抑えることができます。


ヘルペスで気をつけたいのが、「単純ヘルペスウイルス2型」です。


単純ヘルペスウイルス2型は、軽度ながら発症回数が多く、しかも下半身に出やすいので性感染症にかかりやすいという問題を抱えてます。

ヘルペスについて

ヘルペスは感染症です。また、ヘルペスウイルスはDNAウイルスです。


ヘルペスとは、一般的にヘルペスウイルスによって、患部に小さな水ぶくれが集まった状態のことをいいます。


ヘルペスには、大きく分けて単純ヘルペスと帯状ヘルペス(帯状疱疹)の2つのタイプがあります。


単純ヘルペスは、一般的に「おでき」のように見えてヘルペスとは見分けがつきにくいために、ヘルペスであることを自覚することが困難な場合がほとんどです。また、単純と言うことばの影響もあって、「危険な病気ではない」と間違った認識を持ちやすい傾向があります。


単純ヘルペスは体中のどこにでも発症します。しかも単純ヘルペスは感染力が強く、出生児の赤ちゃんの脳にダメージを与えるなど油断できません。


帯状疱疹は、激しい痛みが現れ、それに続いて多数の水ぶくれなどがでます。これは幼児の頃にかかる病気の水ぼうそうと同じヘルペスウイルスが原因となっています。


また、水ぼうそう(帯状疱疹)のウイルスは、ある日突然、体中に赤いブツブツの発疹が現れたと思うと、38度以上の高熱がでますが、1〜2種間ほどで良くなります。


しかし、この水ぼうそう(帯状疱疹)のウイルスは、知覚神経節の中でじっと潜み、老後や病気で体力の低下したときなどに、帯状疱疹として出てきます。水ぼうそう(帯状疱疹)のウイルスと単純ヘルペスのウイルスとは一生つきあっていくことになります。


【水痘・帯状疱疹ヘルペスウイルス(Varicella-zoster- virus)】

 水ぼうそう・帯状疱疹を発病させるウイルス


【単純ヘルペスウイルス HSV-1 HSV-2】

 単純ヘルペスを起こすウイルス

ヘルペスを知る