ヘルペスについて:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

ヘルペスについて

ヘルペスは感染症です。また、ヘルペスウイルスはDNAウイルスです。


ヘルペスとは、一般的にヘルペスウイルスによって、患部に小さな水ぶくれが集まった状態のことをいいます。


ヘルペスには、大きく分けて単純ヘルペスと帯状ヘルペス(帯状疱疹)の2つのタイプがあります。


単純ヘルペスは、一般的に「おでき」のように見えてヘルペスとは見分けがつきにくいために、ヘルペスであることを自覚することが困難な場合がほとんどです。また、単純と言うことばの影響もあって、「危険な病気ではない」と間違った認識を持ちやすい傾向があります。


単純ヘルペスは体中のどこにでも発症します。しかも単純ヘルペスは感染力が強く、出生児の赤ちゃんの脳にダメージを与えるなど油断できません。


帯状疱疹は、激しい痛みが現れ、それに続いて多数の水ぶくれなどがでます。これは幼児の頃にかかる病気の水ぼうそうと同じヘルペスウイルスが原因となっています。


また、水ぼうそう(帯状疱疹)のウイルスは、ある日突然、体中に赤いブツブツの発疹が現れたと思うと、38度以上の高熱がでますが、1〜2種間ほどで良くなります。


しかし、この水ぼうそう(帯状疱疹)のウイルスは、知覚神経節の中でじっと潜み、老後や病気で体力の低下したときなどに、帯状疱疹として出てきます。水ぼうそう(帯状疱疹)のウイルスと単純ヘルペスのウイルスとは一生つきあっていくことになります。


【水痘・帯状疱疹ヘルペスウイルス(Varicella-zoster- virus)】

 水ぼうそう・帯状疱疹を発病させるウイルス


【単純ヘルペスウイルス HSV-1 HSV-2】

 単純ヘルペスを起こすウイルス