ヘルペスと一生:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

ヘルペスと一生

ヘルペスはなくならない


ヘルペスウイルスは、一度感染してしまうと一生つきあって行かなければなりません。このヘルペスウイルスは細胞の中に入り込んでしまうため、有効な薬が少なく、本来の体の免疫力も十分に発揮できないのです。


また、このヘルペスウイルスの最大の特徴は、一度感染すると神経節の遺伝子の中にもぐりこみ一生そこから動かないというものです。


最初に感染した場合などは、体の免疫が出来ていない為に高熱などがでることがありますが、一度免疫ができるとそう簡単には発病はしません。しかし、疲労や老化などで体の抵抗力が落ちてしまうと、発症の危険性が高まります。


また、ストレスによっても免疫低下を誘発することが考えられ、これにより単純ヘルペスウイルスが活発化することもあります。


口唇ヘルペスと帯状疱疹はまったく別のウイルスによって起こります。帯状疱疹の場合では、一生に多くても2度程度と言われてますが、単純ヘルペスの場合(特に単純ヘルペス2型)は何度も頻繁に再発が繰り返されます。


ヘルペスは人に感染しやすく、また一度感染してしまったら一生つきあっていかなければならない事を十分理解しておくことが必要となります。ちなみに昔はほとんどの方が単純ヘルペスウイルス1型に感染していました。


単純ヘルペスウイルス1型は、一度発症してから次の再発までの期間が長く、発症するとかなりつらい痛みが見られるのが特徴となりますが、体の抵抗力を落とさないようにコントロールすることで、発症を抑えることができます。


ヘルペスで気をつけたいのが、「単純ヘルペスウイルス2型」です。


単純ヘルペスウイルス2型は、軽度ながら発症回数が多く、しかも下半身に出やすいので性感染症にかかりやすいという問題を抱えてます。