単純ヘルペスと帯状疱疹:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

単純ヘルペスと帯状疱疹

単純ヘルペスと帯状疱疹の違い

単純ヘルペス
単純ヘルペスは、唇やその周囲、性器やおしりなどに小さい水ぶくれが数個集まってできるのが特徴です。
しかし、単純ヘルペスも体質や体調などの個人差によっていろいろなパターンがあり、例えばアトピー性皮膚炎の方は症状も重く治りにくかったりと様々です。

また、発疹が出たからといって単純ヘルペスと断定しにくく、梅毒や水いぼ、ベーチェット病なども考えられるため、専門医の診察が必要になります。

単純ヘルペスは、感染力が強いのでキスだけでも感染します。また、単純ヘルペスを発症している方が利用した便座などを使用することでも感染してしまう恐れもあります。

しかし、この場合便座にあたる部分に怪我などの傷口がなければ感染することはありませんが、手に付くことによって、別のルートから感染することも考えられます。
帯状疱疹
帯状疱疹は、顔面や腹部などの左右どちらか片方に帯のような水疱ができます。水疱ができる前からかなりの痛みを感じる為、すぐに帯状疱疹と判断できます。

この2つのヘルペスウイルスの症状が発症する原因となるのが、免疫力の低下です。免疫力低下がストレスや疲れであれば特に問題はありません。しかし、これが内臓系の病気を患っている場合は、ヘルペス以外の病気も考えられます。

そのため安易な自己判断はせずに、医療機関での受診をおすすめします。

※健康な肌であれば感染はしません。しかし、皮膚のバリア機能が働かない傷口や口内炎などからウイルスが侵入した場合、感染する可能性はあります。