骨粗しょう症(ヘルペスの基礎知識)

メイン

骨粗しょう症

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、年齢に伴い骨の中かスカスカになってしまう症状で良く知られています。


女性の場合であれば、閉経によって女性ホルモンの分泌が少なくなることで、骨粗鬆症になりやくすなると言われています。また、カルシウム不足によって骨粗鬆症になるとも言われています。


人間の体は、年をとると腸からのカルシウムの吸収率が落ちなどの原因で、カルシウム不足になると骨を削ってカルシウムを補う機能があります。骨太で骨折したことが無いと言っていた人が、フッとしたことで骨折することがありますが、これはカルシウム不足を補う為に骨が削られたことが原因の場合があります。


カルシウム不足になると、骨をどんどん削っていってしまい、骨を再生する機能が追いつかない為に骨粗しょう症になってしまうのです。


カルシウム不足には、カルシウムを摂取することが大事になってきます。だからと言ってサプリメントなどを利用する場合でも、毎日食事をすることが重要です。


ビタミンDと一緒にカルシウムを取ると吸収が良くなるとされています。魚やキノコにはビタミンDが、野菜にはカルシウムが含まれているので、一緒に食べると効果的と考えられますね。


それに伴い、血行を良くすることも大事になってきます。ウォーキングやスクワッドなどで下半身に筋肉をつけることで血行がよくなることも骨粗鬆症の対策として考えられています。


骨粗鬆症の症状が見られる女性の割合の統計


厚生労働省が、98年の骨粗鬆症の統計になります。約10年前の統計になりますが、10年前で80歳になると半数以上の方が骨粗鬆症の症状が見られます。現在もほぼそれに近い状態できているのではと思います。


自分が骨粗鬆症なのか不安のある場合は、匿名で行うことができる骨粗しょう症自宅検査があります。


ウォーキングについては、夏場は30分くらい、冬でも1時間位で十分とされています。日光にあたることでビタミンDが作られカルシウムの吸入を助けてくれます。


部屋の中でも日光に当たれば良いかと考えますが、現在のガラスには紫外線カットが施しているタイプもありますので、窓越しの日光浴ではあまり効果は望めないようです。


外出が難しい方は、食事でじゅうぶんなビタミンDを摂取するように心掛けることで、骨粗鬆症の対策になります。



バイアクテイブ -VIACTIV-

骨粗しょう症