口唇ヘルペスとメイク:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

口唇ヘルペスとメイク

口の回りに発症してしまう口唇ヘルペス。

最初はチクチクした違和感から始まり、時間が経つにつれ水ぶくれになっていってしまいます。この水ぶくれの状態はヘルペスウイルスが一番活発な時期で、扱いすぎて破れたりしてしまったら他のところにも移ってしまう恐れなどがあります。

特に顔を拭いたタオルをヘルペスに感染していない人が使った時なども感染させてしまう恐れがあります。

そんな口唇ヘルペスですが、一番女性を悩ましているのがメイクです。

ヘルペスが出来てしまっているところにメイクをするわけにもいかないとは分かっていても、口元であることで、どうしても隠す必要があるので、無理やりメイクしている方も多くおられるようです。

ヘルペスは発症してから発症したところが治るまで2週間かかることもあります。その間なかなか気が休まらないことになります。

今回ここで紹介するのは、そんな悩みを抱えた方へのおすすめの口唇ヘルペスの商品です。この商品は、口唇ヘルペスができてしまったところに貼ることが出来る透明のパッチです。

口唇ヘルペス用のパッチの特徴


早く治す
キズ口とパッチの間を適正な水分量を保つことにより、皮膚の自然治癒力を最大限に引き出します。
見えない透明のパッチなので、外出時も安心!
皮膚の傷口に良い特許製法によるハイドロコロイド-075素材を使用。1.5cmx1.5cmの丸いパッチがしやかに口元をカバー。 さらにパッチの上から口紅やメークもOK!近くで見つめられてもビクビクする必要はありません。
赤味や腫れ、かゆみや痛みを抑えてくれます
皮膚の余分な伸張を抑えることで、腫れや赤味を抑えます。パッチが患部の水分を適正に保ち、皮膚が乾燥するのを防いでくれるので、かゆみや痛みを和らげてくれます。
傷口を守ります
痛~い水ぶくれを優しくカバーしてくれます。カサブタ状になった患部を無意識にはがしてしまうこともありません。患部の余分な水分やバクテリアからキズ口を守ってくれます。


使用例


口唇ヘルペスの症状の写真1
口唇ヘルペスが発症してしまったところの写真です。

口唇ヘルペスの症状の写真2
口唇ヘルペス用のパッチを貼ってみたところです。

口唇ヘルペスの症状の写真3
パッチを貼ってからグロスを塗ってみたところです。

口唇ヘルペス用のパッチをするとここまで、口唇ヘルペスを隠すことができます。しかも、悪いものを貼っている訳でなく、治療にも効果が期待できるのがとてもうれしいですね♪

メークも出来ちゃう♪コンピード口唇ヘルペスパッチ