口唇ヘルペスの症状:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスの症状について

前駆期の症状
ピリピリ、チクチク、ムズムズする水疱が現れ、皮膚に熱感、違和感、かゆみを感じます。再発を繰り返す人は自分でわかるようです。
はじめの症状
赤く腫れる皮膚の熱感、違和感、かゆみなどの自覚症状から半日程度で赤く腫れてきます。この時期は患部でのウイルスの増殖が活発です。このような早い時期に治療を始めることが大切です。
2~3日後の症状
水疱ができる赤く腫れた上に水疱ができます。この中にはヘルペスウイルスがたくさん存在します。水疱は初感染では大きく、再発を繰り返すと小さくなっていきます。口紅などが合わなくてできる水泡は唇全体にできるのに対し、口唇ヘルペスでは1ヶ所にできるのが普通です。
回復期の症状
2週間ほどで、かさぶたができて治っていきます。そのときの体調によって症状の程度は異なります。

口唇ヘルペスの対処法

  • 患部に触れた後や、外用薬を塗った後にはしっかり手を洗おう
  • 患部に触れた指で目を触らないこと(目に感染して発症する角膜ヘルペスは、失明する危険性があり要注意)
  • 水ぶくれは破らないこと
  • お風呂には入らずシャワーにする
  • 処方された塗り薬以外を塗らない

口唇ヘルペスの治療としては、水疱が出来る前に治療するのが一番良い時期と考えられます。確かにほっておいても2週間くらいで一旦症状は治まりますが、発症することで単純ヘルペスウイルス自体は増加しているので、再発の頻度が高くなってきます。

アメリカでは口唇ヘルペス専用の塗り薬があり、日本で言う厚生労働省から承認を受けている薬があり、高評価を受けています!