帯状疱疹のタイプ:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

帯状疱疹のタイプ

子供と帯状疱疹

子供の頃は、乳幼児時期に水疱瘡のワクチンの予防接種をするために、水疱瘡を発症することは少なくなっており、帯状疱疹については、幼少時から子供が発症することは滅多にありません。

稀に、帯状疱疹が発症してしますケースがありますが、これは帯状疱疹と別の病気との合併症が原因であることが半数を占めており、後の半数については、幼児期に水疱瘡にかかったしまったことが原因で発症している可能性が上げられています。

妊婦と帯状疱疹

妊娠中に帯状疱疹を発症しても、胎児に影響はほとんどないと考えて大丈夫です。これは、発症した場所が局部だけで全身的なウイルス血栓ではないからです。

しかし、水疱瘡では事情が異なります。最悪の場合、生まれてくる子供殿が「先天性水疱症候群」にかかる恐れがあります。もし、帯状疱疹でも体全身に症状が現れるようであればすぐにかかりつけの病院で診察を受けてください。

アトピーと帯状疱疹

アトピー性皮膚炎は、その人が持ったアレルギー反応により皮膚が敏感になり、かゆみが出てきます。このような状態では、皮膚の免疫機能が低下しているために、帯状疱疹を発症する可能性が健康な方よりは高くなります。

また、アトピー性皮膚炎のほかに、花粉症やアレルギー性鼻炎などの方もアレルギー反応を起こしやすいために、免疫システムがうまく作用されないために、感染症にかかりやすくなってしまいます。