帯状疱疹の症状:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

帯状疱疹の症状

帯状疱疹の症状について

帯状疱疹の痛みは、全く感じないものから夜も眠れないくらいに激しい痛みを伴うものとさまざまなタイプがあります。

最初は、皮膚がひりひりしたような感じの痛みやかゆみなどが1週間ほど続き、やがて違和感を感じた場所に赤い発疹ができ軽度の発熱や頭痛などがでてきます。

発疹が現れてから1週間後には、水ぶくれなどが次々に出来てきて、発疹の範囲が広がっていきます。その後は、2週間くらいで水ぶくれの箇所がかさぶたとなり、3週間位かけて治癒していきます。

最近では、水疱やかさぶたになる前に症状を軽減して、早期回復が可能なるヘルペスウイルスの特異的に作用する抗ウイルス薬も出てきてます。

帯状疱疹やヘルペスを抑えるリシン+プラスが登場

帯状疱疹の発症場所

帯状疱疹の発症場所として多い順のリストです。

  • 胸、背中
  • 目、下まぶた、鼻柱
  • 頸随
  • 鼻、上あご、上唇
  • 耳、舌、ほおの内側、下あご、下唇

帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹は、通常であれば3週間ほどで症状はおさまりますが、収まったあとにも痛みが長期に続いたりする場合を「帯状疱疹後神経通」と呼ばれます。