性器ヘルペスの検査:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

性器ヘルペスの検査

ヘルペスウイルス(単純ヘルペスウイルス2型)が性器に感染することによって発症する性器ヘルペスですが、予防を心掛けていても100%予防できるものではありません。


特に気をつける必要があるのは、相手と性交渉をする時です。この時にヘルペスが発症していたら感染する可能性がとても高くなります。そのようなことから相手の人とコミュニケーションが取れていれば、会話によってヘルペスウイルスの感染を予防できますが、そうでない場合はとても難しいです。


そのようでない場合が一番怖いところです。なぜならヘルペスが発症していることに気づかない場合もあるために性交渉をして相手に感染させてしまうことがあるからです。


ヘルペスの発症した皮膚は壊れやすく摩擦などですぐに破れたりします。破れてしまったカ所は、ヘルペスウイルスによって化膿しているために抵抗力がないので、HIV(エイズウイルス)に感染する危険性があります。


性器ヘルペスにかかっているのかわからない場合は、病院などで診察することですぐにわかります。その他インターネットのおかげで、性器ヘルペスや梅毒、エイズなどの検査が自宅ででき、しかも匿名で受けることが可能になってきました。


金額も、病院を初診受診した場合と変わらない金額となってます。

性器ヘルペス感染者数

自宅でできる性器ヘルペス検査の詳細はこちらから