性器ヘルペスとは:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

性器ヘルペスとは

性器ヘルペスについて

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス2型の感染によって発症します。単純ヘルペスウイルスの2型は、症状は軽度ですが頻繁に再発を繰り返すのが特徴です。

最近では、女性の性器ヘルペスが増えてきていると言われてます。その原因としては主に性交渉とが考えら得ます。

性器ヘルペスの感染は、20歳代の女性が1番多く、15歳前後の年代も急増してきています。それとは別に、男性の場合は、20代後半と中高年に多くみられます。

単純ヘルペスウイルスは、1型、2型にかかわらず、接触した場所で発症しるために、口唇ヘルペスの方(発症中)と性交渉をおこなうと性器ヘルペスになる可能性があります。また、単純ヘルペスウイルスの2型がノドに感染することもめずらしくないです。

発症初期の水ぶくれやただれが見られるヘルペスは、沢山の単純ヘルペスウイルスが含まれているだけでなく、ほかの性感染症の源となるウイルスも含まれています。発症した水ぶくれを介してエイズや梅毒といった性感染症にかかる危険性にも気をつける必要があります。

また、口やノドにできたヘルペスに淋病などが感染してしまうと、ヘルペスだけでも痛くて食事が出来ない状態にたいして、淋菌の薬剤耐性が治癒する目処を立てなくしてしまいます。

このようなことから、ヘルペスが発症しているときは、性交渉などを控えることが最大の予防にもなると思います。

自宅でできる性器ヘルペス抗体検査 などもありますので、自分自身のチェックとして利用する方法もあります。