性器ヘルペスの症状:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状について

単純ヘルペスが、性器に感染して発症すると下記のような症状がみられます。

初感染から3~7日頃
感染箇所のかゆみや痛みがあります。その後、男性のペニス粘膜や女性の膣粘膜などの陰部に多数の水ぶくれができ、38度くらいの熱がでます。また、激痛を感じることもあります。
初感染から2~3週間頃
これくらいの時期で自然に症状はなおります。
注意
症状が、性病の梅毒と似ている場合がありますので注意が必要。

単純ヘルペスウイルスは、子宮頚部や膀胱などにも感染し 時には神経を伝って髄膜へ侵入すうこともあります。そうなると膀胱炎や歩行障害を起こす危険性が考えられます。

再発した性器ヘルペスの症状は、初感染ほど激しいものでなくなりますが、再発頻度が高く、水ぶくれやタダレに悩まされることがありますので、性器ヘルペス と思ったら恥を忍んで、病院にいくことをお勧めします。

性器ヘルペスは、定点観測の性感染症に指定され、性器クラミジア、淋病、尖形コンジロームと同様に毎月集計されることになってます。

性器ヘルペスが発症したら

単純ヘルペスウイルスに感染して、性器ヘルペスとして発症した場合は、性交渉はさけて治療に専念することが必要です。

性器ヘルペスや帯状疱疹のヘルペスウイルスを抑えるL−リシンが登場

今では、自宅でできる性器ヘルペス抗体検査 などもありますので、自分自身のチェックとして利用する方法もあります。