単純ヘルペス治療と予防(ヘルペスの基礎知識)

メイン

単純ヘルペス治療と予防

単純ヘルペス治療と予防

抗ウイルス薬で悪化を防ぐ

単純ヘルペスのページでも触れていたように、初めて単純ヘルペスウイルスに感染すると、体内には免疫がない為に発疹や水ぶくれなどの皮膚症状があらわれたり、他にも高熱なども伴う事があります。

この発症でできた水疱にはたくさんの単純ヘルペスウイルスが存在してます。そのため水疱を破らすに抗ウイルス薬を服用する事で、病状の悪化を防ぎ、治癒までの時間短縮と他の人への感染を予防してくれます。

単純ヘルペスの治療の基本

症 状 薬品名 商品名 処 方 特 徴
帯状疱疹・水疱瘡・単純ヘルペス アシクロビル ゾビラックス 顆粒・錠剤・軟膏・点滴など ウイルスのDNAに作用して、その複製を阻害します。内服薬は吸収性が低いため1日5回服用する必要があります。
帯状疱疹・水疱瘡・単純ヘルペス 塩酸バラシクロビル バルトレックス 錠剤・顆粒 アシクロビル系の抗ウイルス薬。吸収率は高く1日2〜3回の服用。
帯状疱疹・単純ヘルペス ビダラビン アラセナA軟膏 軟膏・点滴 ヘルペスウイルスの増殖を抑えます。早期になるほど効果が見込めます。発症から5日以内が理想です。
角膜ヘルペス イドクスウリジン IDU 軟膏・点眼 単純ヘルペスを死滅させる作用があります。副作用が強いため眼科用として使われます。

※薬には薬品名と「商品名」があります。また、商品名はメーカーによって異なります

単純ヘルペスウイルスなどの抗ウイルス薬は、外用も内服薬どちらとも市販されていません。必ず医師の処方をうける必要があります。

抗ウイルス薬について

ヘルペスを発症させる単純ヘルペスウイルスは、活性化された神経節の中である程度増殖した後、神経を伝って皮膚の表面に水ぶくれなどの症状を引き起こします。


この水ぶくれをつくることで、単純ヘルペスウイルスは増加していき、症状が治まりだすと、神経節へ戻って次回の発症の準備をします。


ヘルペスで辛いのは再発することです。一旦良くなったからといって安心できないのは、単純ヘルペスウイルスが発症するごとに単純ヘルペスウイルスが増加してます。これより、前回より早い段階で発症してしますおそれがあるからです。


特に、性器ヘルペスを発症する単純ヘルペスウイルス2型は、症状は軽いけれど再発することが多いです。再発すると、陰部がタダレてしまうだけではなく、ヘルペスの傷口から性病のエイズや梅毒などにも感染してしますこと恐れがあります。


そこで、単純ヘルペスの再発を予防する方法が、抗ウイルス薬の役目となります。


抗ウイルス薬を飲むことにより、単純ヘルペスウイルスの数が減っていきます。しかし、発症してから抗ウイルス薬を服用では、ウイルスが増えてしまっている状態なので遅いです。


残念なことに日本では予防的に抗ウイルス薬を服用することが認められて(平成16年現在)いないために、発症しないと薬がもらえないというギャップがあります。


しかし、発症してからの服用が遅いと言っても、その時点では遅いですが、以降で効果があるように処方してもらうように、医師に相談することが重要になってきます。

リシン(リジン)でヘルペスの治癒

アミノ酸のひとつであるリシン(リジンとも呼ばれている)は、ヘルペスウイルスの発生率を抑えてくれると考えられています。

ヘルペスウイルスは、アルギニンを栄養素としており、アルギニンをたくさん含んだ食べ物を食べると再発する頻度が高くなるという考えから、そのアルギニンを摂取しすぎて、ヘルペスが発症するのを抑制するのがリシンになります。

リシンを含む食べ物は牛肉、チーズ、鶏肉、牛乳等など上げられます。またアルギニンを含む食べ物は、ナッツ、大豆、玄米、レーズン、エビなどがあります。

ヘルペスの予防を考えてリシンを含む食べ物を食べ、アルギニンを含む食べ物を食べないなどは絶対にしないでください。

ヘルペスの栄養ともいえるアルギニンですが、このアルギニンは動脈硬化や高血圧、骨粗しょう症、胃潰瘍、生活習慣病を予防してくれる要素とされていますので、アルギニンの摂取が低下すると別の病気になりかねないので注意してください。

要は、バランス良くリシンとアルギニンを接収することが重要になります。これを食事で管理するのは大変なので、L-リシンのサプリメントを上手く利用することで改善されると思います。


また、リシンのサプリメントはヘルペスの治癒期間を短縮することができるとされていますので、再発した時や再発しそうだなと感じたときなどに摂取する方法もあります。


L−リシンの詳細はこちらから


ダイエット中の方などは食べものが偏ってしまいがちなので、特に注意が必要です。ダイエット中の方は医師と栄養士が体の健康を考えた食事ダイエット方法などがありますので、参考にされると良いと思います。

塗り薬アブレバで発症予防

アブレバは口唇ヘルペスを発症から守ろうとアメリカで開発された塗り薬です。

ヘルペスはご存知の通り、ヘルペスウイルスに感染することで発症します。しかもヘルペスウイルス2型に感染すると、再発する頻度が高くなります。

何度か発症した経験がある方は、そろそろ痛くなりそうなど分かっているかもしれません。我慢できない痛みではなくても、何度も発症するとさすがに気分が滅入ってしまいます。

そんな時に、アブレバを塗って対処するば大きな痛みを伴う恐れを回避することができる可能性があります。

ウイルス対策では世界一のアメリカで、唯一米国FDAがヘルペス用市販薬で認められているのがアブレバです。

アブレバ以外に、リシンも最近耳にすることが多くなって来てますので、どのような違いがあるか下記にまとめてみました。

アブレバとリシンの違い

【アブレバ】
1、アメリカにてヘルペス用市販薬で認められているのはアブレバのみ。
2、米国FDA(日本の厚生労働省にあたる機関)から承認されている商品
3、使用者からの90%以上の高評価

【L−リシン】
1、アメリカの多くの研究所においてリシンはヘルペスの発症を確実に抑えるとのデータが発表されている。
2、リシンは健康食品サプリメントと指定されているので副作用がない。

さらに簡単に説明すると

 アブレバは、ヘルペスが発症してから良くする薬(口唇ヘルペス用です)

 Lーリシンは、ヘルペスの発症を抑える健康食品

となります。

ヘルペスの状況によって使い分ける必要があるので、発症していたら「アブレバ」を利用してみて、治ったら「Lーリシン」を使ってヘルペスの発症しにくい体質に改善することが、一番のヘルペス予防になるのではないかと思います。

アメリカで消費者評価でも高評価の口唇ヘルペス治療薬【アブレバ】

アシクロビルとアクチビア軟膏

アシクロビルは、ヘルペスウイルスの増殖をおさえる薬とされ、単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療に用いられているようです。


安全性が高く比較的副作用も少ないことなどから、ヘルペスの治療に広く用いられており、飲み薬のほか、同一成分の塗り薬や注射薬があります。


ただ、腎障害・肝障害がある。妊娠または授乳中他に薬を使っている。以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがあるなどの症状がある方。


また、副作用が少ないとしても、下記のような副作用がありますので、利用を考えられている場合は、医師や薬剤師に必ず相談してから服用するようにしてください。


飲んでダメだったら止めれば良いなどのちょっとした気の緩みが、体を危険にさらしてしまう恐れがありますので・・・


■ アシクロビルの主な副作用 ■
 腹痛、下痢、貧血、発熱、発疹、水疱、紅斑、じん麻疹、そう痒、光線過敏症


アクチビア軟膏

アクチビア軟膏とは、口唇ヘルペス専用して販売されている塗り薬で薬局などで購入が可能です。ですが、薬局なので購入する場合には一度ヘルペスが発症したという医師の証明が必要です。

発症した証明がある方でも、再度アンケートや口頭での質問に答える必要があるなど、簡単に買える薬でないのが現状です。

しかも、アクチビア軟膏にはアシクロビルを使用しているので、使用には副作用や病気がある方は注意が必要です。

単純ヘルペス治療と予防