単純ヘルペス治療と予防:ヘルペスの基礎知識

ヘルペスの基礎知識

ヘルペスを発症する原因はヘルペスウイルスに感染しているからです。口の近くにできるヘルペスを口唇ヘルペスと言います。発症すると痛くて辛いヘルペスについての情報を載せています。ご参考になれば幸いです。

単純ヘルペス治療と予防

抗ウイルス薬で悪化を防ぐ

単純ヘルペスのページでも触れていたように、初めて単純ヘルペスウイルスに感染すると、体内には免疫がない為に発疹や水ぶくれなどの皮膚症状があらわれたり、他にも高熱なども伴う事があります。

この発症でできた水疱にはたくさんの単純ヘルペスウイルスが存在してます。そのため水疱を破らすに抗ウイルス薬を服用する事で、病状の悪化を防ぎ、治癒までの時間短縮と他の人への感染を予防してくれます。

単純ヘルペスの治療の基本

症 状 薬品名 商品名 処 方 特 徴
帯状疱疹・水疱瘡・単純ヘルペス アシクロビル ゾビラックス 顆粒・錠剤・軟膏・点滴など ウイルスのDNAに作用して、その複製を阻害します。内服薬は吸収性が低いため1日5回服用する必要があります。
帯状疱疹・水疱瘡・単純ヘルペス 塩酸バラシクロビル バルトレックス 錠剤・顆粒 アシクロビル系の抗ウイルス薬。吸収率は高く1日2〜3回の服用。
帯状疱疹・単純ヘルペス ビダラビン アラセナA軟膏 軟膏・点滴 ヘルペスウイルスの増殖を抑えます。早期になるほど効果が見込めます。発症から5日以内が理想です。
角膜ヘルペス イドクスウリジン IDU 軟膏・点眼 単純ヘルペスを死滅させる作用があります。副作用が強いため眼科用として使われます。

※薬には薬品名と「商品名」があります。また、商品名はメーカーによって異なります

単純ヘルペスウイルスなどの抗ウイルス薬は、外用も内服薬どちらとも市販されていません。必ず医師の処方をうける必要があります。